聴いてみよう

アメリカで人気!「犯罪」カテゴリのポッドキャスト

  • 2019年7月18日
  • 聴いてみよう

アメリカの話ではあるが、ポッドキャストで「犯罪」カテゴリはとくに人気のジャンルだ。

まもなく正式に変更されるAppleのカテゴリにも「True Crime(犯罪ドキュメンタリー)」が追加される。

アメリカでのポッドキャスト再燃のきっかけを作った番組「Siriel」も犯罪ドキュメンタリーだった。

凶悪犯罪を扱う人気ポッドキャスト

凶悪犯罪を扱うポッドキャストも人気のようだ。

ここでは「Obscura: A True Crime Podcast」が取り上げられているが、月に50〜60万円の収益が出ているらしい。
iTunesでも配信されているが、サイトを見てみるとHimalayaでプレミアムコンテンツも配信されている。日本円で月に600円。寄付としての意味合いもありそうだがBlack Label」というプレミアムコンテンツが用意されている。
このポッドキャストも含め、アメリカのAppleポッドキャスト・トップ20のうち12が犯罪事件を扱うものだったと記事にある。日本のランキングは英会話とニュースが大半なので、聴かれているものがかなり違うようだ。

女性は凶悪犯罪が好き?

Obscura: A True Crime Podcastでは、80%が女性リスナーだという。日本でもサスペンスものなどは、女性からの人気が高いように思える。記事では、犯罪事件の被害者となりやすいため、自分に起こる可能性がある体験を聞かずにいられないのではないか、と推測している。

別のデータだが、書籍においてもミステリーや犯罪もののファンは、女性のほうが多いという。実際にあった犯罪事件を題材にしたものでは書籍のレビューなどで圧倒的に女性が多いそうだ。犯罪に対して感じる恐怖の大きさは、女性のほうが高いという研究結果もあり、実際に起こった犯罪ではより強く関心を抱くのかもしれない。

一方、番組では、女性リスナーが嫌悪感を抱かないように、殺人鬼をアンチヒーローとして扱わないようにも注意しているらしい。そういった配慮も人気の秘密のようだ。

塀の中からポッドキャスト?

また異質なポッドキャストとして、囚人たちが刑務所内から発信するポッドキャストもあるようだ。

このポッドキャスト番組、囚人たちが犯した犯罪について生々しい話をする、恐ろしい内容というわけではないらしい。もっと気軽な、楽しい内容のようだ。

紹介記事では、メディアや映画で描かれる、暴動や看守との癒着や脱獄などといった「作られた」ものじゃないリアルな獄中生活を配信している「あけすけ&クリエイティブ」な番組と取り上げている。

紹介されているタイトルだけでも笑える。

・「母親との関係の築き方」
・「ムショ内でのペット事情」
・「囚人ファッション」
・「刑務所クッキング」
・「刑務所で迎える死」
・「許された15分の電話」
・「面会部屋でのセックス」

犯罪心理学を語るポッドキャスト

日本では、まだ本格的な「True Crime(犯罪ドキュメンタリー)」カテゴリのポッドキャストを見かけないが、犯罪心理学を扱った「犯罪心理とトラックヤロー」という番組があった。

みんなの犯罪心理学」というサイトで公開された記事をベースに話しているようだが、残念なことに2016年にスタートし、第0回を含めて4エピソードのみ配信し、最新エピソードでは「もっと配信したい」と言っているのだが、しばらく更新されていない。

取り上げるテーマも「性的殺人の類型」「生まれつきの犯罪者はいるか」「犯罪は遺伝するか」など興味深い。

今後、もっと人気が出るジャンルかもしれないので、気に入った方はメッセージなどで感想を送ってみてはいかがだろうか。

月別アーカイブ

ポッドキャストとは?

  • 2019年6月25日 19:17
ポッドキャストとは? 簡単に言ってしまえば、 「ウェブを通して配信される音声コンテンツ」 だ。 ラジオのようなものもあり、音声ブログっぽいものもあり、オーディオドラマがあったり、バリエーションはいろい...